スタッフ体験談

Vol.03  VOICE 貿易事務①

今回は理化学機器メーカーのサービス部門で貿易事務のお仕事を任されているスタッフの方を紹介します。

■プロフィール

営業事務、経理事務を経て、契約社員として2年間工業機器メーカー業務推進室に従事しメンテナンス報告書作成に関わる業務を担当。2003年10月日本電子テクノサービスに登録。現在、精密機器サービス関連企業にて貿易事務業務を担当。



テクノサービスに登録したきっかけを教えてください。

転機はこちらの求人と時期を同じくし、グッドタイミングでした。大手企業のグループに組織される人材派遣会社ならば安心と思い登録しました。派遣登録は始めてだったので不安もあったのですが、「どんな事でも相談してください。」と言ってくださり、とても安心したのを覚えています。

現在の業務内容と職場の雰囲気を教えてください。

業務内容は、主に海外現地法人と代理店からの受注から発送までの手配です。
受注入力を進め、希望納期に副って、オーダーの管理、細かな調整を行います。やりがいを感じられる仕事です。
職場は、部署柄、国際的な経験と見識豊かな方々から学べる事も多く、一員として働くことができてとてもうれしいです。明るく活気のある職場です。

業務について心掛けていることを教えてください。

多くの部署との係わりが多い業務なので、コミュニケーションを大切にしています。客先との関わりでも同じことが言えます。注文分の管理については、現地の状況を視野に入れ進捗をしていくように心がけていますが、海外の客先と日々取り交わすメールの追伸に、日本の気候や風習、タイムリーな事柄をちょっと添えたりすることもいいようです。

この仕事をめざす方へのアドバイスをお願いいたします。

業務で扱う書類やメールは、ほとんど英語なので、関連用語などの知識があるとよりスピーディーに処理できると思います。ビジネス英語の使いかたや、メールでの対応など、日々業務の中で習得していけるので安心ですし、スキルアップにはよい環境であると思います。

今後の目標があれば教えてください。

工業英語や貿易実務の知識は、即ルーティン業務にいかすことができるので少しずつステップアップしていけるよう挑戦していこうと思っています。安心して仕事を任せてもらえるよう、これからも努力していきたいです。